奈良県の畜産ブランド地鶏「大和肉鶏」の生産から販売|養鶏場 雅 chick farm

奈良県の畜産ブランド地鶏「大和肉鶏」の生産から販売|養鶏場 雅 chick farm

大和鶏肉について
HOME > 大和肉鶏について > 大和肉鶏について

大和鶏肉について

大和かしわの再現、本物の味を

  • 大和鶏肉

    「やっぱり昔の味は、実に美味しくてよかった」。
    あのヘルシーでおいしい「かしわ」の再現を願い、自然の中で水と光を大切に、時間をかけ豊かに育った名古屋種とニューハンプシャー種、シャモとを交配した新しい高品質肉用鶏「大和肉鶏」です。脂肪が適度にのり、しまった肉質が特長です。その味は甘味があり、しっかりとした味の深みが鶏肉本来の味と評価されています。
    地鶏とは在来種の鶏の血液が 50%以上入っており、飼育期間が80日以上、自由に運動出来る飼育方法で1㎡当り10羽以下で飼育した鶏を地鶏と呼びます。大和肉鶏ではシャモと名古屋種が在来種に当たります。
    平成10年、県下の畜産物としては初めて、奈良特産品振興協会の「奈良特産品」ブランドの認定を受けています。
    (地鶏肉の日本農林規格(特定JAS規格)を満たしています。)

大和肉鶏の栄養について

  • 大和肉鶏の栄養

    良質のたんぱく質やビタミンAが豊富。お子さんやお年よりにはぜひとも食べて欲しい食品です。ビタミンB群も含まれています。
    また、皮や皮下脂肪を除けば低カロリーでヘルシーな食品ですので、しっかり食べておいしくダイエットも可能です。
    ブロイラーが60日ほどで出荷されるのに対して、大和肉鶏は120〜140日かけて育てられています。その時間は体重になるのではなく、旨味として現れるのです。

大和肉鶏の特徴

地鶏とブロイラーの比較

比較項目 地 鶏 ブロイラー
血 筋 在来種由来血液百分率が50%以上 肉用鶏で孵化後3ヶ月未満の鶏をいう
飼育期間 孵化日から80日以上飼育
大和肉鶏は、120日以上(150日未満)
孵化日から55〜60日程度で出荷
飼育方法 28日齢以後平飼いで飼育 特定の基準なし
飼育密度 28日齢以降1m2当り10羽以下で飼育 特定の基準なし
肉 質 一般的に歯ごたえがありコクがある 一般的に淡白でやわらかい
血 筋 在来種由来血液百分率が50%以上 肉用鶏で孵化後3ヶ月未満の鶏をいう